大会概要
ホーム > 大会概要

2017年大会概要

シドニーマラソン2017の大会概要は、以下の通りです。

日程

大会開催日 2017年9月17日(日)
競技種目 フルマラソン(公認)、ハーフマラソン(公認)、ブリッジラン、ファミリーファンラン
主催 Athletics Australia(オーストラリア陸上競技連盟)
主催運営 Pont3
公認 IAAF, AIMS

種目

  距離 スタート時間 年齢制限 制限時間 定員(申込順)
フルマラソン(公認) 42.195km 7:05am 18歳以上 6時間 なし
ハーフマラソン
(公認)
21.0975km 6:00am 16歳以上 2時間45分 8,500人
ブリッジラン 9.0km(約) 8:00am 特になし 1時間30分 16,000人
ファミリーファン
ラン
4km(約) 9:00am 特になし 特になし 6,500人

・車椅子の競技はフルマラソンだけ行われます。(スタート 7:00am)

コースの詳細へ

コース概要(スタート&フィニッシュ)

スタートは全種目ともシドニーの北部、シティーレールのミルソンズ・ポイント駅(Milsons Point Station) から、徒歩1~2分の所のアルフレッド・ストリート・サウス(Alfred Street South)となります。
スタート後すぐに、シドニー・ハーバー・ブリッジに入り, 橋を渡って市街地に入り各種目ごとのコースとなります。フィニッシュはフルマラソン、ハーフマラソンそしてファミリー・ファン・ラン(4km)は世界文化遺産のオペラハウスの前庭となり、ブリッジ・ラン(9km)はオペラハウスに隣接する王立植物園の入り口となっています。
全種目のコースで一番高いところがシドニー・ハーバー・ブリッジの真ん中の約60m(海抜)となっていますが、それ以外は各種目により高低差は違います。大会コースの高低表を参考にしてください。

フルマラソンとハーフマラソンのコースは2016大会からコースの後半が変更され、フラットな湾沿いの道を走るようになりました。これにより、「よりフラットに」「より早く」そして「より美しい風景」なコースとなり、これまで以上の記録が期待できるコースとなっています。

気象条件

9月のシドニーの気候は日本での春の始まるころと同じような気候で、例年の9月の平均気温は最低11度から最高20度位です。ただし、朝夕は11度以下になり、昼ごろにむけて汗ばむ陽気になる日もあります。
1年で降雨量が少ないのもシドニーの9月です。

スタート地点までの交通

City Rail

City Rail

スタート地点に向かうには電車(City Rail)が最も便利です。ミルソンズポイント駅(Milsons Pont Station)はシドニーシティのセントラルステーションから「ノースショア線 (North Shore Line)」で3つ目の駅(約12~13分程度)となり、当日は早朝(4時台)から運行されます。また、シティからアップもかねハーバーブリッジの歩道を渡ってスタート会場まで行くこともできます。(タウンホールから5km程度、徒歩約30分。ただし、ハーバーブリッジの歩行者専用通路を利用)。
当日朝4時以降はハーバーブリッジの車道が封鎖されます。
なお、大会当日はNSW州の公共の電車、バス、フェリーは大会参加者のみ終日無料で利用できます。駅の改札で、ゼッケンを提示してください。(ただし、電車の空港線は除きます。)

手荷物お預かりに関して

1.マラソン大会当日
ランナーの方の手荷物預かり場所はスタート会場内(本部テントの裏側)にあります。
ゼッケン受付時に渡される手荷物預かり用ビニール袋にご自身のゼッケンナンバーを貼り付けの上お預け下さい。レース終了後はゴール地点にある荷物受け取り所でゼッケンを提示しますと、預けた荷物を受け取ることができます。 なお、午後2時を過ぎても引き取りのない荷物は一旦大会本部に回収されますのでご注意下さい。

2.マラソン大会開催日以前
特別なアレンジとして、エクスポ会場の入り口前のテントにて、エクスポ期間中にフィニッシュ後の手荷物を前もって預けることもできます。

いずれの場合もパスポートや多額の現金等の貴重品はレース会場に持ち込まれないようくれぐれもご注意を願います。

制限時間

各種目の制限時間は表記の通りです。
制限時間を過ぎますと、コースの交通規制が解除となりますのでレースの継続は出来なくなります。
警察や大会関係者の状況判断によりレ-スを中断していただきます。制限時間後は大会が用意したバスがピックアップします。
なお、制限時間内でもレース続行が不可能な場合はエイドステーションの大会関係者に「リタイアー宣言」をして、競技を中止してください。

計測チップ

計測チップはゼッケンの裏側に装着されています。「チップ」として単独ではありません。ゼッケンを胸の所定の位置に付けていただければ、スタートからフィニッシュまで自動的に計測されます。フィニシュ後の計測チップの返却は必要ありません。計測チップ付ゼッケンは「思い出」としてお持ち帰りいただけます。